第11回 「見える景色」を変える

人は人が体験した以上の想像はできない。

よく言われる言葉ですが、私はその通りだと思います。
体験をした事は、自分の世界を広げ、生き方にも影響してくる。
少なからず、皆、そうした感覚を持った事はあると思います。


原田陽子氏は


「自分が修得した事を、家庭で試してみたい。」


と愉しそうに、笑顔でおっしゃいます。
これはまさに、自分の体験し、愉しいと感じた事を活かしてみたい、という事だと思う。

0701283ef0f824d7119582056364baf3_s.jpg


前々回は、「時間」が「余裕」を生み出す事について書かせて頂いた。
そして前回、「時間」が「チャンス」を生む事について書かせて頂いた。
今回はその「チャンス」を活かす、という事がどんな事かについて書きたいと思う。


「余裕」が生まれた上で「チャンス」が生まれる。
「余裕」は自分の視野を広げる絶好の「素地」である。
「余裕」が生み出す「チャンス」をどうやって捕まえるのだろうか。


以前書かせて頂いた、第6回の「心を開く」というコラムが、この内容にあたる。
※第6回「心を開く」(
http://www.mannersalon-fukuoka.jp/2015/08/post-4.html


例えば、自分があまり興味を持てなかった映画に知人から誘われたとする。
普通はそのお誘いに乗らないか、不満に思いながらもその映画におつきあいするだろう。
そこを原田陽子氏は、決して自分の趣味ではないと分かっている映画でも、楽しんで観る事ができるようだ。


「薦める人にもよりますが、その人が薦めるからには何か私の知らない"新しいこと"があるはず。その"新しいこと"に触れたときに、"愉しい"気分になれます。それは映画だけでなく、展覧会やコンサートやパーティー、すべてに言えますよ。」


原田陽子氏はとにかく「新しい事」を「愉しんで」いる、知らないことを知ることに喜びを感じていると言える。


「余裕」が生み出されると、広く周りの物事が見える様になる。
「余裕」が生み出されると、周りから様々な情報が入るようになる。
なぜなら、余裕がある、やわらかな態度のあなたに、皆は話しかけ易いから。


その状態で


「こういう映画があるの。是非一緒にあなたと行きたい。」


という言葉を知人から頂いた時、どういう反応をあなたはするだろうか。


自分の趣味じゃないと思われる、今まで関心のないジャンルの映画。
それは言い換えると、自分が体験した事の無い価値観、世界。それを体験する事ができるかもしれないのだ。
人は人が体験した以上の想像はできない。
これは又とない「チャンス」ではないだろうか。
その時にしっかりと「余裕」を持った心であれば、その映画を勧めた方のお薦めポイントを聞き、それを愉しいと思う心を感じとる事もできる。


それであれば、選択肢は自ずと1つになる。


「では、ご一緒しましょう。」


そして、一緒に映画に行った時.....
その方に色んなポイントを聞いているから、その世界に入り込め、愉しめる。


良いマダムは良いマダムの行動をしている。
そう思った事はないだろうか?
色んなものを見に行き、体験し、様々なイベントに顔を出している。
そうした話を見たり、聞いたりした時、


「あの人はお金と時間に余裕があるから」


という感じ方をしていないだろうか?


そうであれば、今回の話を読んでみて、見方が変わらないだろうか。
決して、全てが「才能」や「家柄」「環境」によるものではない。
「時間」を生み出し、「余裕」を作って、「チャンス」を手に入れ、愉しんでいるのだ。


原田陽子氏のブログやフェイスブックを見ると、とにかく行動的で忙しい。
皆が驚く行動力だ。
それは基本的「余裕」という素地を「時間」を以て作り出しているから。
しっかりと「チャンス」を捉えて、その新しく、愉しめた体験を、サロンレッスンに生かしている。
愉しい事を皆に伝えたい。
愉しかった体験を、皆さんに体験して欲しい、そう思っているからだ。


人は人が体験した以上の想像はできない。
新しい事を体験する事は、自分の見ている普段の「景色」を変えてゆく。
変わる景色を愉しむ。
原田陽子氏を見ていると、そういう生き方をしている、そう思う。


変わらない景色は人を退屈にしてしまうだろう。






プロデューサー竹下和宏が語る、原田陽子の流儀 - この記事について

私が「原田陽子」という人物に初めてお会いしたのは、40歳の時。
ある会社でディレクターをしている時だった。

その頃、自分の人生の中で大きな問題があり、それを引きずりながら仕事をしていた。 

気分が晴れないまま、そして、40歳という年齢を迎えても、なりたい自分に、自分が変われないまま過ぎ去って行く日々。

インターネット関連の相談から始まったお付き合いだったが、その「在り方」を知る度に、私は「引き込まれる」、まさにその表現が当てはまった。

「まだまだ、自分は変われてない」、そう感じてはいるが、確実に私自身の人生に大きな影響を与えているのは確かだ。
お会いしてお話をした際に毎回「気づき」があり、それが私に影響を与えている。

「気づき」は一見「メソッド(方法)」のように感じるが、その神髄は「在り方」にあると感じている。

ここに、その「気づき」を記してゆき、「原田陽子」という「在り方」の「本質」を明らかにしてゆければと思う。

フリープロデューサー / ディレクター
竹下和宏
Facebook Page